• 保育士の就職は体力勝負

    • 最近では働く女性がとても多くなってきているため、保育園の待機児童がとても多くなっています。

      それを解消するために、保育園を多く作ったり、保育士の就職口がとても多くなってきているということがあるのです。



      保育士として保育園に就職をしようと考えている人の中には、子供と笑顔でたくさん遊んで信頼関係を築きたいと考えている人がとても多いのですが、実際に保育士の就職で必要なのは体力なのです。



      保育士は子供と遊ぶことが仕事と考えている人がとても多いのですが、実際は子供と遊びながらトラブルが起きないように配慮したり、時間内に季節の制作を終わらせたりとかなりハードな仕事内容なのです。



      しかも子供の昼寝をしている時間には保育日誌を記入したり、保護者との連絡ノートを記入したりと、やることは山積みになってしまっているのです。



      子供と全力で遊んでしまうと、こういった事務作業をする時の体力や集中力が欠けてしまうということもありますが、子供は全力で相手をしないと満足してくれないということもあり、こういった自分の体力配分も仕事をうまくこなすための重要なポイントとなっているのです。



      保育園は延長保育などを含めると、朝7時〜夜7時まで保育をすることが多く、シフト制にはなるのですが、子供の相手を一日しながら事務作業までこなさなくてはなりませんので、自分の基礎体力をしっかりと付けておくということが保育士の就職にはとても重要なことなのです。



  • 関連リンク

    • 保育士の転職の魅力について

      保育士の転職の魅力として三つのことが挙げられます。まず一つ目は求人募集が多いので様々なところに転職できることです。...

    • 保育士の就職は忍耐力も必要

      保育の短期大学や専門学校を卒業すると、保育士として就職するという人がとても多いのですが、保育士の就職には忍耐力がとても必要なのです。保育の現場では、子供の身の回りの世話や遊び相手をするということも仕事内容なのですが、子供は自分の欲求に正直に生きていますので、大人の思い通りにはならないのです。...